スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

男優 21 Antonio Sabato 

 1943年4月2日 イタリア / シチリア州 Montelepre (シシリア: Muntilepri)出身

 シチリア州とは有名なシチリア島のことなんでしょう。
 
 ネットでアントニオ・サバトで検索すると息子ジュニアの方がヒットするかも...。
 僕は最近の映画とは無縁なので息子さんのことは分かりませんが、結構売れっ子俳優のようですね。

 blog-241.jpg
 ▲ 息子の Antonio Sabato Jr.

 ご他聞に漏れず...詳しい経歴等々は分からず仕舞いだ。
 息子のジュニアがイタリア生まれのアメリカ育ちと言う経歴なので、後年にはアメリカへ移住したのかも知れません。IMDbサイトでは40本程の作品にその名を記すが、残念ながら日本未公開作品が多い。シシリアン・マフィア(1972)、バイ・バイ・ベトナム(1988)等の公開作品があるが、僕は未見です。
 ウム...マカロニ西部劇以外の映像では僕と彼は縁がないんですね(涙)

 作品的には犯罪/アクション映画みたいなのが多そうなイメージがありまして、例えば作品は未見だが音だけは持っている作品のジャケットを見てもそんな感じですね。
 イタリアの犯罪/アクション/ハードボイルド系の作品の音ってどうしてカッコ良いのかな~。
 いやいや、ホラー映画も良い音が多いよ。
 やっぱ、その最高峰に位置するんがマカロニ・ウエスタンではないかい o(*^▽^*)o~♪

 blog-240.jpg

 写真左から、
 『L'uomo Dagli Occhi Di Ghiaccio』CD (1971・伊)
 『Milano Rovente』CD (1973・伊)
 『Milano: Il Clan Dei Calabresi』CD (1974・伊)

 これらの作品ではアントニオ・サバトは主演なんですよね!
 
 だから、マカロニ映画でも主人公に次ぐ重要な役どころが多い。
 それは、そのまま彼のイタリア映画界における位置付けを表わしていることでしょう。
 また、マカロニ俳優と言えばむさくるしい髭面の男たちが多いが(それが魅力なんだけども)、アントニオ・サバトの端正な顔立ちはジュリアーノ・ジェンマと同じくマカロニ作品では貴重だと思います。その割にはマカロニ作品が6作...決して多い数ではありませんが。
 
 
 ■ アントニオ・サバト in Macaroni Westerns ■

 Al Di Laà Della Legge 風の無法者 1968
 Odio Per Odio 地獄のガンマン 1968
 Vado, Vedo E Sparo 狙い撃ち 1968
 Due Volte Giuda 二度の裏切り 1969
 Tutti Fratelli Nel West...Per Parte Di Padre 司祭を支える西部のすべての信者 1972
 I Senza Dio 神は死んだ 1972


 AntonioSabata-image1.jpg
 ▲ Al Di Laà Della Legge

 AntonioSabata-image2.jpg
 ▲ Vado, Vedo E Sparo

 AntonioSabata-image3.jpg
 ▲ Due Volte Giuda

 (2011/12/30 追記)

 ------------------------------------------------------------------
 ポチっと押して貰うと本人は励みになるとか...。
 にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
  にほんブログ村
 ------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

category: Antonio Sabato

TB: --    CM: 0   

Calendar

Profile

New Entry

Category/Actor/Actress List

Link

Mail Form

All Archives

Search

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。