スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

男優 66 Fabio Testi 

 1941年8月2日 イタリア / ヴェネト州ヴェローナ出身 -

 70年代のイタリア映画を代表する俳優として、マカロニ犯罪/アクション系を中心に様々な分野の作品で作品で活躍をされました。
 そうは言っても、僕たちの国では一般的な知名度は低いのかその経歴等々は記されることは少ない。
 何を書いて良いのか...キツイな~(汗)

 学生時代からスタントマン的な仕事をされていたとも伝えます。
 そのことを表すのか、1966年のマカロニ・ウエスタン映画の名作『続・夕陽のガンマン』にスタントマンとして出演されています。ただし、僕はその姿をスクリーン上から確認できたことがありません。
 IMDbサイトでは1967年のマカロニ・ウエスタン作品『流れ者・・・真実の証』より俳優としての足跡を記し始め、2011年現在で93本の映画・テレビ作品に彼の名を伝えている。『行け、野郎、撃て』でブレークする前に出演したマカロニ西部劇の名作『ウエスタン』でのチョイ役はマカロニFANには知られており、僕もモニターと睨めっこしながら必死にその姿を探したことを思い出します。

 1970年代に入って主演作品が目立ち始めます。
 特にマカロニ犯罪/アクション系でその活躍が顕著に見られるようですね。

 blog-478.jpg

 上の画像はネット上から借用した犯罪/アクション系の作品のポスターです。
 写真左から、
 『最後の大犯罪』Poster (L'ultima Chance 1973・伊)
 『ビッグ・バイオレンス』Poster (Il Grande Racket 1976・伊)
 『野獣死すべし』Poster (Luca Il Contrabbandiere 1980・伊)

 1980年代に入るとイタリア映画界そのものが元気を失う時代になりますが、ファビオ・テスティはそうした時代でも活躍をされております。それと、80年代以降はテレビ作品も多くなってますね。
 2011年には「伝説の映画監督」と呼ばれるアメリカの映画監督モンテ・ヘルマンの『果てなき路』に出演、それ以前の1988年にも『イグアナ / 愛と野望の果て』でヘルマン監督とは共に仕事をされているが、日本の映画FANにはその仕事を通してF.フェスティの名が知られているかも知れません。

 僕はそのモンテ・ヘルマン監督の作品は観ていませんが、2010年の『ジュリエットからの手紙』では元気な姿を拝見いたしました。
 日本でもDVD媒体がリリースされております。
 
 blog-479.jpg
 ▲ 『ジュリエットからの手紙』DVD (Letters To Juliet 2010・米)

 この作品では50年前の恋人候補の一人として登場しますが、アピール度はフランコ・ネロに軍配です。同じ恋人候補の役でアンジェロ・インファンティも出演されております。非常に美しい作品ですが、ロマンス系の作品は僕には駄目っぽ。現代の女性には“受け”が良いようですがオラには2時間がキツイわ(汗)

 そんなわけでオラに似合う暴力的で単純なドンパチ映画を...失礼 (*_ _)人ゴメンナサイ

 ゴサゴサ...ガサガサ...。

 じゃ~ん ♪

 blog-480.jpg

 写真左から、
 『悲しみの青春』DVD (Il Giardino Dei Finzi Contini 1971・伊/独)
 『非情の標的』DVD (Revolver 1973・伊/仏/独)
 『ローマ麻薬ルート大追跡』DVD (La Via Della Droga 1977・伊)

 『悲しみの青春』はファシズムとナチズムに迫害される男女引き裂かれる悲劇を格調高く描いた作品ですが、芸術的センスがない僕には苦手な作品です。それよりも単純明快で音楽が良い『非情の標的』、『ローマ麻薬ルート大追跡』を酒を飲みながら観る方が合ってますな。その2本(中画と右画)は先日、僕の拙ブログで取り上げたイタリア映画の箱物シリーズに収録されていた作品でもあります。

 下の画像はファビオ・テスティの出演作品の音盤です。
 『ソランジェ 残酷なメルヘン』以外の2作品は未見です。『さらば美しき人』は国内版の映像媒体がリリースされておりますが、内容は僕には合わんと思います。
 
 blog-481.jpg


 写真左から、
 『さらば美しき人』CD (Addio, Fratello Crudele 1971・伊)
 『ソランジェ 残酷なメルヘン』CD (Cosa Avete Fatto A Solange? 1972・伊/独)
 『沈黙の官能』CD (L'eredita Ferramonti 1976・伊)

 あれ~~、3枚ともエンニオ・モリコーネのスコアになってしもうたわ。
 僕のような凡人があれこれ言うべきレベルの作品ではありません。この美しき音の世界は映画音楽と言う括りで語るのさえ烏滸がましい話しです。
 真夜中、グラスを傾けながら静かに耳を傾けて聴く世界の音楽です。
 そうそう、こうした作品は買いっぱぐれないようにしましょう。

 ファビオ・テスティのマカロニ・ウエスタン出演作品を下に掲げました。
 『流れ者・・・真実の証』ではオープニングのタイトル・バックには名前も載らず、役名もありません。悪党一味のメンバーみたいな感じでIMDbサイトには記されます。それは名作『ウエスタン』でも同様で役名はなく、同じくメンバーの一人として記されております。
 それから3,4年後でしょうか...『行け、野郎、撃て』で主演としてカッコ良く登場です。
 個人的にも大好きな作品であり、ファビオ・テスティと言えばこの作品がすぐに思い浮かびます。
 『恋と銃弾と狂気』でのファビオ・テスティも好きでありますし、勿論作品も結構お気に入りです。国内版の映像媒体のリリースをお願いするのみであります。


 ■ ファビオ・テスティ in Macaroni Westerns ■

 Straniero... Fatti Il Segno Della Croce ! 流れ者・・・真実の証 1967
 Giuro... E Li Uccise Ad Uno Ad Uno - 1968
 Ed Ora...Raccomanda L'anima A Dio ! そして汝の魂を神に委ねよ 1968
 C'era Una Volta Il West ウエスタン 1968
 Quel Maledetto Giorno D'inverno...Django E Sartana All'ultimo Sangue
              ついに来たジャンゴとサルタナが出会う恐怖の日...最後の血が 1970
 Anda Muchacho, Spara ! 行け、野郎、撃て! 1971
 E continuavano A Chiamarlo Figlio Di... - 1972
 Giubbe Rosse 深紅のコート 1974
 Dieci Bianchi Uccisi Da Un Piccolo Indiano 炎の砂漠 1974
 I Quattro Dell'Apocalisse 荒野の処刑 1975
 Amore, Piombo E Furore 恋と銃弾と狂気 1978

 FabioTesti-1.jpg
 ▲ Straniero... Fatti Il Segno Della Croce !

 FabioTesti-2.jpg
 ▲ C'era Una Volta Il West

 FabioTesti-3.jpg
 ▲ Anda Muchacho, Spara !
   
 FabioTesti-4.jpg
 ▲ E continuavano A Chiamarlo Figlio Di...

 FabioTesti-5.jpg
 ▲ I Quattro Dell'Apocalisse

 FabioTesti-6.jpg
 ▲ Amore, Piombo E Furore


------------------------------------------------------------------
 ポチっと押して貰うと本人は励みになるとか...。
 にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
 ------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

category: Fabio Testi

TB: --    CM: 0   

Calendar

Profile

New Entry

Category/Actor/Actress List

Link

Mail Form

All Archives

Search

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。